パチンコで負け、生活費をキャッシングで補っていました。

私は35歳、都内で暮らす専業主婦です。
私には悩みがあります。
それは私がギャンブル依存症だということ。お金が入るとすぐにパチンコ屋さん行き勝負してしまうのです。
ですから旦那が稼いできたお給料が入っても生活費まで使い込んでしまいます。
旦那の稼ぎは悪くないのですが、私が無駄使いばかりしてしまうので家計は火の車、月末になると食品にも困るくらい…。
この性格、治したいのですがなかなか治りません。
最近本当にやばいな…と思い始めカウンセリングを受けに行っている始末です。
カウンセラーに診てもらうようになってから、ギャンブル依存症は少しおさまりましたが、残された問題は山積みです。
そんなわけで我が家はいつも貧乏なのです。
そんな我が家を支えていたのは、消費者金融のレイク。
私は旦那に隠れてレイクのカードを作りお金がなくなるとその都度キャッシングをしてその月の生活をしのいでいました。
専業主婦でもキャッシングができるのは本当に助かります。
特に去年の夏はパチンコで大負けをしていたので月々10万円ほどレイクでキャッシングをしていました。
そのおかげで我が家の家計は何とか支えられていました。
しかしキャッシングをする際、気をつけなければいけない点がいくつかありました。
それは計画的な入れをする、言うことです。
切羽詰まると、人は肝心なことを忘れてしまいます。借りたお金は返さなくてはいけません。
そんな当たり前のことも頭からすっぽり抜けてしまうのです。
もちろん私も返済に苦しみました。
しかし、今回はパチンコで運良く勝ちが続き、借り入れしているお金を完済することができましたが、それがなければ返済額はさらに膨れ上がっていたでしょう。
カウンセリングに行ってから私は平常心を取り戻しました。
過去の自分がやっていた事はなんて恐ろしいことだろう…。
振り返るとゾッとします。
今となれば、パチンコ屋さんに行く事は少なくなりましたが、それでもお店の前を通るとパチンコを打ちたい!という衝動に駆られます。
しかしもちろん、我慢我慢…!
私はレイクにはもお世話になっていませんが、当時は相当助けられました。
心底、感謝していますよ…。